ガラス包装の利点

内容物を変質させないということで常温で長期保存が可能となるそうです。原料が安価だそうです。

また一貫製造のため容器コストも安く、大量生産に向いているそうです。リターナブルやリサイクルができて、環境に負荷がかからないということもいえるようです。ただ比重が大きく重いというのが短所といえるようです。

持ち運びにも力が必要ということと外部からの衝撃で割れるということも短所といえるようです。金属に比べると光線透過性があるため、光線によって内容物が変化する場合もあるようです。

形状においてはビン形態に限られてしまい、プラスチックのように形状変化範囲が少ないそうです。ガラス瓶は軽さを求めると割れやすくなってしまい、強度を強めると重いということになってしまうそうです。

ガラス瓶製造の基本原理は変わらないそうですが、積極的に技術開発は行われているそうです。